2014年03月20日

みんなのうた

昨日のブログで紹介した、私が幼稚園のころ歌っていたつばめさんの歌、気になって調べてみました。
そうしたら、なんと!!歌詞が間違っていました(゜ロ゜;ノ)ノ

私の間違い歌詞↓↓

つばめになって 仔猫と遊ぼう
5月のお空を 仔猫と遊ぼう
あいすいすいすい あいすいすいすい

『つばめになって』

つばめになって     とんでとんであそぼ
ごがつのおそらを     とんでとんであそぼ
はいすいすいすい     はいすいすいすい

つばめになって とんでとんであそぼ
ゆうやけおそらを とんでとんであそぼ
はいすいすいすい はいすいすいすい

これが正しい歌詞です。
とんでとんでを仔猫と間違えるとは…
30年経った今になって、間違った歌詞を歌っていたことが分かりました(゜ロ゜;ノ)ノ
それもすごいことですが、いかに子供の頃は歌詞なんてさっぱり理解せずにただただ歌っていたのかが分かります。

告白します!
実は私は、昔から歌詞よりメロディーに重きをおいて曲を覚えていました。
むしろ歌詞のことは考えていない!
おまけとしか思っていなかったのです。
そう、何よりメロディーのみが好きだったんです。ピアノをしていたせいでしょうか…?
そしてメロディーから希望や哀しみを感じていたんです。
ですから中学生、高校生のころ、友達はみんなこの歌詞がいいとか、伝わるとか、同じ気持ちだとか、そういったみんなの言葉がまったく理解できない私だったのです。
恥ずかしながら…はい…
そんな私は、歌を本格的に勉強するようになってから初めて歌詞の意味や情景をきちんと考えるようになりました。小さな頃からメロディーしか感じていない私には非常に難しい、取っ付きにくい大きな問題でした。
作詩家が何を言わんとしているのか、その後ろには何があるのか、その情景とは…

私はその歌の中で、自分の物語を創り始めました。
これからも常に勉強です。
歌は深いです。

今でも大切な宝物『みんなのうた』。大好きでした。
懐かしいと思われる方が多いのではないでしょうか(*´∇`*)
右は弟からもらったもの、いや、ムリヤリブンドッタキガシマス(笑)。真ん中のは先生に懇願していただいたもの、左はボロボロになったmyみんなのうた。後ろは汚い字で何年何組何番名前が書いてあります。
153曲ある中で特に好きな歌をピックアップしてみました♪
好きな歌のページには鉛筆で○してありました(笑)
童謡もいいものです♪
今の子供たちにはこの『みんなのうた』は配られていないと聞き、大ショック。
童謡、唱歌、日本に伝わる素晴らしい歌の数々、これからの子供たちにも伝えていきたいものです。

image

image

image

image